スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←渡来… →修練…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【渡来…】へ  【修練…】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

未分類

迷い熊。

 ←渡来… →修練…


戦も何も無い、ゆったりとした時間を楽しみながら、
今日は木材を切り出すべく、森へ出かける。

「これは、これで良いのかも知れない…」


コーン。コーン。

森の中から木を切り倒す音が響く。このあたりは良い檜が採れるのだ。
木が倒れるのとほぼ同時に何かが飛び出してきた。

「おう、ありゃくまじゃねえか!」

「ほんとだ ありゃあ、くまだ。」

この時期、活動を活発化させたくまが現れることは,ままある。

しかし、このくま、何かちょっと違うようだ。

遠巻きにくまを観察しながら、様子を眺める。
木を切っていたきこりが、
くまを森の奥へ返すように、大きな音をたてる。

「???」

「なんだか、動きがおかしいぞ。」

棒で突いても、

「喜んでるぞ…」

さらに、急いで取りに行ったであろう杈で、威嚇。
そして突いて見る。

「なんだか恍惚とした表情になったぞあのくま…」

弄られて喜んでいるようだ…
更に、言葉で詰られているがそれでも喜んでいるように見える。

「変態のようじゃの…あのくま…」

しばらく、周りの者に弄られていたが、くまを探していたらしい
熊使いが現れて、皆に頭を下げながら連れて帰った。

どうも、熊は★3331を探して、道に迷い相模に出てきてしまったようだ。

くまの仲間が、こちらを振り返り迷惑をかけた人々に頭を下げている。

儂とも目が合う。

一瞬びっくりしたような顔をしたが、納得した様なうなずきを何度かして
甲州方面へ向け、くまを連れて帰って行った。

「元かぼ?…蕪なら食べるがの…。熊丼、骨までしゃぶるかの…」

まあ、それはまだまだ先の事の様な気がする…
その時が来れば自然とかぶもくまどんも喰う時期が来るだろう。

「しかし、まだまだ準備が足りんな…」



見上げれば空が澄み渡っている。

2つ目の畑を取りに行くかの…
周りに比べると遅れているらしい現状を気にもせず、
ゆったり農民生活を楽しんでみよう…
どうせ、今は一人身なのだから。

スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【渡来…】へ  【修練…】へ
 

~ Comment ~

NoTitle 

苦しい登場www

へんな名前ですみませんです、はい・・・

NoTitle 

そのくまは変態なんじゃなくて、遊んで欲しいだけなんですようw

くまどん。 

もう少ししたら遊べるから^^
きっと、百鬼の人たちは弄ってくれるよ。

儂ももう少ししたら頑張ると思うから
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【渡来…】へ
  • 【修練…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。