スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←落城… →攻撃値!(特別版)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【落城…】へ  【攻撃値!(特別版)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

未分類

刹那…

 ←落城… →攻撃値!(特別版)



「終わりか…」

最終の序列確定戦が終わり、
これで、長くも短くもあった2122世界での通常戦も幕となる。

「勝ちたかったがの…」
防衛戦となり、勝ちを得るために我ら北条家の面々は
今回も防衛用作戦を展開した…。

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:

前日、盟主会。

「こんばんわ。」

暫く遠慮していた北条家の盟主会に顔をだす。
最終戦の確認の為…といえば聞こえも良いが、
実際は今期で離れる事になる相模 北条家の方々に
もう一度会っておきたいと言うのが本音だった。

訪れた際には既に、各地から盟主や補佐の方々が集まっていた。
その場に居たのは…

『四羽鳳凰』から、淳四狼・まっくす殿・ラフロイ殿
『HEROES』から、シロフォン殿
『戦国魂』から、ぬーさん殿
『もふもふ団』からKny殿・扇谷殿
『桜華白虎』から 櫻華殿
『相模獅子皇会』から、ホリック殿・孫五九殿・日々野晴矢殿
『月華天陣』から、真田○殿
『平和会』から、まおみ殿
『疾風迅雷』から丹波利英殿
中々の顔ぶれだ。末期まで盟主会がきっちり機能しているのは
素直に素晴らしいと思う。
儂は迷惑にならないよう末席に座り、成り行きを聞く事とした。

今回も進行を務めている『HEROES』のシロフォン殿が口火を切る。

「既にご存知の通り、最上家と防衛戦です。
ご覧になったと思いますが西は未だ①すら埋まっておりません。」

「確かにのう…」
儂の孤鷲庵は、北西②の直ぐ近くにあったが、見渡す限り敵の姿はない。

「しかし一方、南西は今の段階で⑧まで延びています。
防衛戦を勝つためには相応の闘い方が必要でしょう。」
「具体的には?」
「やはり同盟毎に敵の強同盟を担当し、封じ込める。
という正攻法しか無いでしょうな」
「皆さん方針に異義はございませんか?」

活発な意見交換のあと、皆で採決を取る。皆、

「おう!」 と大きな気合とともに満場一致で方針は決済された。
その後、各担当が決まる。

「では、担当は…」

南東1 キンコン ← 四羽鳳凰 HEROES 櫻華白虎
北東1 北の家族 ← 戦国魂
南西2 もがニバル・(⋈・◡・)♬ ← もふもふ団 相模獅子皇会
とすることになり、
それぞれが同盟に持ち帰り周知することとし、解散した。


解散した後残った、まっくす殿と今期の始め頃や、
共に闘った日々の思い出話に花を咲かせ時間を過ごした。
思えば『鷹の雛』での、まっくすさん、ふうさんとの3人での特攻、
その後の『四羽鳳凰』での儂の部隊の避雷針化など
懐かしい思い出の数々が甦る。

「そういえば、ふうさんはお元気かな?」

「相変わらずですよ。」
前にも増して元気かも知れないですわ。

「なら、良いですな。」

記憶を無くし、心身を回復させるための活動を、と考えていた今期、
思いのほか真剣に戦に向かい合ってしまった。
そのきっかけは、間違いなく「ふうさん」からの『鷹の雛』への
お誘いからだった。

迷惑をかけられないという思いから、造兵や能力付与に心血を注ぎ、
何を勘違いしたのか、初めての天合成まで。
成功したのはあくまでも僥倖であったと理解している。
しかし、結果的に儂自身、成長できたと思える時間を過ごすことができた。

振り返ればすべてが懐かしい。
そんな話をし、まっくすさんと別れ明日の準備を指示したあと就寝した。

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:

合戦当日。

今、儂の席を置かせて頂いている相模獅子皇会は南西②の担当、
最上の猛者が出て来ている場所だ。
一撃殿や蒼守殿、ミナミノ殿に帰ってきたもがみん殿・あんこ☆きなこ殿等
早々足る顔ぶれ。
しかし、今回は恐れず、又個人の戦功など度外視して朝一から攻撃に
向かうことを選択していた。

南西②周辺に集まったもの獅子の数は10名。儂を含めると11名だ。
全体作戦の始まる11時前を今か今かと待ち構えていた。

「時間です。行きますよ~」
指揮を振る、孫五九殿の掛け声で一斉に敵城に襲いかかる。
「1、1、1、1、1、 1…」
点呼が終わると起点が部隊を発進させる。
流れに任せて合流弾を撃っていったが、一時期10合流が3つ飛び、
牽制部隊まで含めると6つか7つ攻撃に出ていただろう。

流石に、最上の猛者も出城での10合流には抗う術もなく、
次々に沈黙していった。

「復活予定、◎◎時●◎分!その瞬間、行きますよ!」
復活予定時刻の告知も行い、再度起き上がってきた時に戦場にいた人間が
指揮を摂り再び沈黙させることとしていた。

夕刻まで同盟としては絶え間無い攻撃で南西②の猛者を足止めし、
戦線維持に尽力していた。
他の同盟『HEROES』や『四羽鳳凰』等も同じように
足止めに成功していたようだった。

おかげで、戦況は最上52対北条48とこの時期の戦としては、
かなりの善戦と言えるだろう。ここに来て、
「あるいは逆転も」と思える展開だった。

しかし、今回は最終戦。
日暮れの頃から、段々と南西②周辺が怪しくなってくる。
取り囲んだ陣に、敵襲が多くなってきているとの伝令が
廻ってきていた。

同盟の人数が減っている時間帯に、集中して陣への攻撃が来た。
防戦に廻る獅子の面々、
しかし元々2つしか陣が無い為に儂の陣への攻撃はない。

「平和だ…。(´Д`)」
防戦に忙しい仲間を他所に、まったりとした時間を頂戴した。

その後も、陣をとったり取られたり、復活した出城を叩いたり
最後まで天秤の針がどちらに動くかわからない状況であったが、
流石に最上家の意地が具現化した形になった。

大きな盟主戦等はなかったが、儂も順位を4つ落として終戦を迎えた。

「お疲れ様でした…」
最後まで戦った獅子皇の面々は皆良い顔をしていた。
寝落ちしていた「双擊の牙」の異名をもつ、とらさんは別として。

結果として同盟順位も、『HEROES』を捲り3位で終わった。
充分健闘したと言っていい結果だろう。

終戦のざわめきの中、皆に挨拶をし、
儂は戦場の中心となった南西⑧を離れ一人、孤鷲庵に戻る。

帰館し 城門の前に佇みながら、思わず屋形を見上げる。
この城ともあと少しでお別れかと思うと、なかなか感慨深いものがある。

「…只今戻りました。」
誰も居ない部屋に戻り、一人呟く。

「お帰りなさい。」
どこからか優しい声が聞こえた気がしたが、
儂は疲れに身を任せてそのまま深い眠りについた…。


枕元にあったcarズさんからの書状は読まずに。


*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:

朝、目を覚まし、昨日来ていた書状に目を通す。

「こばわ。新謙信引いたんで、この前引いた新信長に合成しました~。
 Σ(゚д゚;)、なんと槍隊堅陣がつきました!!」

うーん、朝っぱらから胸焼けのするような話だ。
うちに来たら新謙信、すごく大切にするのになどと思案していると、
更に書状が届いたとの知らせが。

早速手元に届けさせると、又、carズさんからだ。
どうも更に何かあったらしい。

「さっき、又新謙信また引いたんです~。
 今度は新信長に、車懸り軍神つきました~」

さらに胸焼けのひどくなった儂は、窓を開けて叫ぶ。

「来期、これで農民なんぞしてたらぬっ殺してやる~~~~~
 そのくじ運、わ~け~て~。(つд⊂)」


~相模の国 対最上家 最終防衛戦 終幕~


今まで、お世話になった、相模の国所属での戦も次回東西戦で最後。
来期からは足利家のχ百鬼夜行χ(仮)の上条 孤鷲齋に戻る予定です。
我らχ百鬼夜行χ(仮)は、あんな豪傑や切れ者軍師等、とんでもない方々の
新規加入組と我々復帰組及び、百鬼揚羽の仲間でさらに盛り上げて参りたいと
思っております。
もしご興味ある方がいらっしゃれば、爺宛にご連絡くださいませ。

まだまだ、募集中ですぞ~。


スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【落城…】へ  【攻撃値!(特別版)】へ
 

~ Comment ~

今期、ありがとうございましたm(_ _)m 

負けちゃいましたねw
実は勝つ気満々だったりしたのですが^^;

爺様のお陰で他人様のブログにコメまで載せれるようになりました
思えば前期の最後に思いつきで決めた北条家。。。とても幸運でした。

来期は好敵手宣言をプロフに掲げさせて頂いて百鬼と相まみえる事を楽しみしています。

あんな豪傑。。。切れ者軍師。。。 気になりますなぁ ワクワクしてきましたww

ウチも戦力増強出来そうですよノ

天上人・・・ 

懐園さん、本当にお疲れ様でした!

22鯖時代から、色々とお世話になりまして、本当にありがとうございました。 また、来期「百鬼復活」は、おめでたいですね! 我々には脅威でしかありませんがw

来期は挨拶とか、本当にご遠慮させて頂きますので、他をあたって頂けると助かりますw また戦場でお会いしましょう!

百鬼vs四羽・・・。
観戦者とし、非常に楽しみな一戦ですw

ありがとうございました。

感謝でござる! 

ほんの・・・短い時間ではござったが・・・
爺様と一緒に駆け抜けたIXA場は忘れませぬv

来季は袂を分ける形と相成ったようでござるが・・・
爺様の御健闘を心より祈念いたしまするmm

え???
まだ 東西戦なる戦いが待ってるの??

・・・・・残り 壱戦!!
存分に戦いましょうぞ~♪

  • #344 LASTサムライ 
  • URL 
  • 2012.12/11 13:48 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle 

3期目おつかれさまでしたっ
タイマン出来ませんでしたね なかなかに縁がない
私はこれにて離脱です 来期弱体化する西京(新名称不明)を可愛がってあげて下さい

PS.次のオフ会はぜひ山口で♪

ありがとうございました。 

懐園さんお疲れさまでした。
前期の終りに北条家に残るお話があった時はびっくりしました。
またブログにて多数お名前を出して頂きありがとうございます。
凄く楽しく拝見させて頂きました。
今期半年間の間大変お世話になりました。
ありがとうございました。

ホリック

NoTitle 

車ズさんさすがやでぇ・・・

淳四狼さん。 

こちらこそありがとうございました。
爺も勝つ気でおりましたが中々でしたね。

淳さんはもっと前に出ても良いと思います。
ぜひ、ばんばん露出してくだされ。

最後の東西戦、お互いがんばりませう。
淳さんの部隊にこっそりのります…

孫五九さん。 

今期も御世話になりました。
なんだかんだ甘えてしまいました。
素直に感謝しております。

また、男らしさも隣でみていて感動しました。
特に、最終報酬確定前に補佐を譲ってましたね。
あれはなかなかできることではありません。

獅子皇はまだまだ強くなると思いました。
来期はぜひとも、胸を貸して下さい。
全力でアタックします!

LASTサムライさん。 

LAさんの戦場での語り、行動、素敵でした。
四羽鳳凰の一方のスパイスになっていると思います。
今後もぜひ絡んでいただきたい武将の一人です^^

次、もう一度、轡を並べる機会がありますね。
たのしくやりましょう!

ゆうしゅーさん。 

ゆうしゅーさんとも長くお付き合い頂きました。
ありがとうございました。

一騎打ち、したかったですね。来期なら必ずできたのに。
山口、出張でもあればやりましょう!
来期は西京の皆さんにあそんでもらいますね T。T

ホリックさん。 

今期もありがとうございました。
ホリックさんの人柄に甘えて、色々ご迷惑をおかけしました。
獅子皇は来期も北条の名門として、ぜひ頑張ってくださいね。
きっと、更に上を目指せる同盟だと思います。

目指せ!筆頭!!^^

太った亀さん 

そうだけど…
でもねえ…一般の爺たちからみたらさ~。

あ、攻撃の数字、まってますぞ~。

袖振り合うも戦場の縁 

爺様今期はお世話になりました
e-284いよいよ残すところ東西戦のみとなりました

強くて憧れのすごい人が多いこの鯖でなんとか頑張れたのは
爺様のブログのおかげかな^^
未熟ながらも少しだけモチベが上がって楽しくエンディングを迎えられそう

北条にきて爺様と知り合えて良かった♪

最後の東西戦は一緒に遊ぼうね
i-246i-246i-246i-64

ありがとうございました 

ひよこ同盟、四羽に来てくれて嬉しかったですe-343
鉄たくさん用意してくれてましたね^^
あの時無理させてしまってごめんなさい><
けれど楽しかった~

爺様、ありがとうございましたv-354
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【落城…】へ
  • 【攻撃値!(特別版)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。