スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←剣技、 →渡来…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【剣技、】へ  【渡来…】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

未分類

対峙…

 ←剣技、 →渡来…


昨日の縁で、剣術道場に招かれた。

『ぜひ、一手手合わせ願えませんか』という
内容の丁寧なお誘いを受けたのだ。

一通り、動ける準備をした上で道場へ向う。
道場に近づくと、中からは気合の入った掛け声が聞こえてくる。

張り詰めた空気の中、緊張感を持って稽古に打ち込んでいるのが
表に居ても伝わってくる。

「お邪魔致します。」

軽く声をかけ、門をくぐる。
中から視線が注がれる。結構な数の★2、★1の剣士数だ。

「これは、ようこそ参られました。
昨日はうちの門弟がお世話になりました。」

稽古中の人を分けて、儂より少し年嵩の剣士が前に現れた。
凄みがない処が、逆に大きさを感じさせる。星の数は見分けが付かない…
ここの館長のようだ。
会釈し、声をかける。

「お招きありがとうございます。
遠慮なしに、お邪魔しました。一手、ご教授ください。」

「なんの。昨日のご活躍門弟たちより聞いております。
私のほうこそ興味本位でお呼びたていたしまして申し訳ございません。
話を聞いて、どうしてもお会いしたくなってしまいまして…」

促されて、道場のなかへ。
ここで稽古に使われているのは、【ひきはだ竹刀】といわれる、新陰流で
主に稽古で使われているもののようだ。

これは、三尺超の真直ぐな破竹を、牛(馬)の皮で作った袋を被せた物で、
当れば痛いことは痛いが、死までは至らない、剣術の練習には適したものだ。

記憶は戻らないのに、こういった事だけは覚えている。
なんとも歯がゆく、自分でも笑ってしまう。

いくつか用意されたもののうち、手に馴染むものを選ぶ。

「これをお借りします。」

無言でうなずく。

「どうぞ。」

道場はいつの間に静かになっていた。
人払いされていて、残ったのは儂と、館長だけだった。

対戦後のこちらの面子を配慮してのことであろう。
気配り、心遣いが行き届いている。

「では、まいりましょうか。」

館長が静かに声をかける。それに応じ、正面に立つ。
構えの無い館長に対し、儂は青眼に構え対峙する。
竹刀とはいえ、真剣な顔つきに変わる。
おもむろに、竹刀を上段に構えた館長の身体から気魄が漲る。
その刹那、館長の身体がいくらか大きくなったかの様な錯覚を覚える。

「いかん!」

3間半はあったであろう間合いが、一気に縮まる。
素早くそして鋭い、魂魄の籠もった打ち込みが儂の身体を襲う。

「右!、いや左か!!」

その太刀筋を、何とか読み、左肩のわずか1寸先で受け止める。

「受けた、受けましたな… これにて終わりましょう。」

「?」

少々あっけにとられながら、刀礼を行い、竹刀を置く。
気がつけば、全身で瀧のように汗が噴出してきた。

「貴方の構えには、何人もの人間を背負っている特長が見えます。
 これ以上やればお互い無傷では済みますまい。」

「そうですか…儂には判りませんがの。」

「きっと、私と同等か、場合によってはそれ以上。
場所を得れば、相当の働きをなさる方だと思います。
切り紙(特)以上。皆伝(極)、いや天位(天)並みだと思います。」

一息おいて、

「私の師の色も見えますので、同門でしょうな。」
「………」

その後、暫く道場裏手の館長宅にお邪魔し、四方山話に花を咲かす。
すっかり暗くなったところで今日の謝辞を表し、離れに戻ることにした。

明日は、また、畑を耕さねばなるまい。
暫くはまだ…。
しかし儂は何者なのか…

ふと、畦道の脇にうごめくものを見つけて頭が締め付けられる。
珍しい青い亀だ。
青亀?…どこかでみたことがある気がするが…

その青亀も、儂の記憶を呼び覚ますまでには至らなかった…
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【剣技、】へ  【渡来…】へ
 

~ Comment ~

NoTitle 

爺様復活の祝砲じゃー!
ドーン*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

面白いっす 

いやぁ、とても面白いよ。
次は次は?って気になって眠れないではないかw

ホント、次回の更新が楽しみです。

よっしー、carズさん 

よっしーの進みっぷり凄いね…
carズさん見てると安心するわぁ
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【剣技、】へ
  • 【渡来…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。