スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←大戦…(東西戦) →流星…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【大戦…(東西戦)】へ  【流星…】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

未分類

大戦…(東西戦2日目)

 ←大戦…(東西戦) →流星…

日目

昨日の二度の
砦攻略失敗もあり、
朝の評議所への集まりが少し悪い。
実際に皆、兵の損害も相当の数に昇っている

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

「昨日の浅井家からの提案については、いかがいたしましょう?」

「気力と兵が残っている者が徳川の砦に向かう。
そして…それが一定の数になれば、砦攻略に参加させて頂く。」

こんな形しか参加は難しいのではないでしょうか実際…。

いつも冷静に仕事をこなしてる、雪鳴殿が口を開く。
日頃の活躍と重厚な面持ちが言葉に重みを持たせている。

「それでは、その方向で。」

そして、そこに向かわない者は、残された砦を全力で守る。
という形にまとまった。

北条家の方針は各同盟に孫さんに伝えて貰うことにし、
儂は浅井家の軍師にもお礼を述べるとともにその旨を伝えて、
淳さんやまっくすさんら四羽鳳凰を中心とした防衛隊に
加わる事にした。

途中防衛への参加武将も入れ代わりながら、
浅井家や最上家の敵砦攻略成功の伝令を聞くたびに心を強くし、
紙一重ながら何とか毛利家の砦への寄せを押し返す。
ずっとこの調子で一進一退の状況が続く。
とても進攻に加わる余裕などない。

しかし、時間の経過とともに、
潮が満ちる様にじわり、じわりと砦周辺が少しずつ赤く変わる…

「人が、人が足りないよ!」

防衛にずっと奮戦していたふう殿の悲痛な声が戦場に響く。

「何とか、此処は死守しないと!他の国にも申し訳がたたない!」

同じ様に防衛に獅子奮迅の活躍を見せていた、ねこ戦車殿も声をあげる。
無言でぶちにゃー殿も頷く。
周りで戦っていた武将も同じ思いだった。

「次、此処を!」

攻撃目標を定めた、まっくすさんや淳四狼さんの声が響き、
呼応した武将が次々に参加する。
きっと皆、常態的に2、3部隊は常に飛ばしていただろう。

儂も現世での制約を受けながらも無言で近場の攻撃に繰り返し参加する。
一軍、2軍ともに休む間もない時が続いた。

しかし、そんな善戦むなしく、

「堕ちた…」

「砦が…、燃える…」

北条の砦が落とされた事を知らせる伝令が三国掲示版に走った。

「どうにも…」

どんなに防衛に奮戦していても、繰り返し寄せてくる敵の数が圧倒的で
結局は集中した時間の圧倒的合流で落とされてしまう。

皆、無力感に苛まれながら、それでも他の国の奮闘に心を強くし
次の砦防衛に走る。

その間も浅井家・最上家の敵砦の攻略や最上砦の陥落の声に
一喜一憂しながら、防衛戦を戦っていた…

夜になっても僅かに東軍の有利な状況は続いていた。
しかし予断は許さない。北条がこのままひとつも砦を落とせないまま
終わってしまっては厳しいかもしれない。
そんな中、

「完封だけは避けましょう。」

淳四狼殿の声が評議所内に響き、それに呼応するかのように、
皆の目の色が変わった。
そこからは皆、阿吽の呼吸で砦への寄せが始まった。

「ここに寄せたいです。乗ってください!」
「出てます。合流よろ」

それぞれが砦に近づけると同時に敵の防衛陣を破壊していく。
昨日二回失敗したとは言え、既に毛利の砦⑤の耐久はほぼ無い。
まとめていくつかの合流が打てれば落とせるだろう。

攻撃陣を整え再度、北条の意地を掛けた砦攻略にかかることに
なったのが、子の刻(23時)に差し掛かるところだった。
いよいよ出陣という熱気が伝わってくるその時、
儂は現場から一人馬首を廻らせ、人がほとんど居ない荒野に向かった。

そう、友との約束を果たすために…

「来ましたよ。待たせちゃったかな?」

「大丈夫です。でわ、私から行きますよ。」

今回の、東西戦の詰の砦攻略が行われている裏でと思うと
可笑しさがこみ上げてくるが、砦の攻略には儂程度のものがいなくても
問題ない。
しかし、この一騎打ちは儂でなければ、いや、儂と彼でなければならないのだ。

かつて共に戦場を走り、苦楽を共にした仲間のひとり。
「吼龍」の異名を持つ Carズ殿…
儂の周りに居た、初期廃の双璧。鬼無茶殿が居ない今、
百鬼夜行時代の廃の代表だ。

「まさか、車頭殿の一撃を受ける日がくるとはな…」

儂も憧れた部将の数々、
独眼竜・烈火の信長。剛勇に釣り野伏鬼の謙信、
剛勇・烈火政宗、そして剛勇烈火の大康。

これら大康以外、すべて初期の彼の陣営に居たものだ。今季、
小康を売り、大康に組み替えたらしい。

「着弾しました。陣が、陣がなくなりました!」

carズ①

「なんと!やはり…凄いものじゃな。」

以前、じみ☆へん殿やよっし~殿の攻撃をを受けた時は城だった。
おかげで吹き飛ばずに済んだが、今回は陣。
流石に吹き飛んでしまった。

「流石、さすがじゃな、車頭殿…」

友の変わらぬ姿を見て、思わずこみ上げてくるものがある。

「いざ参る、次は儂の今の力をご覧くだされ!」

初期の儂の陣営には政宗に旧長、それに旧義久と早雲。
砲攻天四などは夢のまた夢だった。

「お前たち、今の儂らの力を存分に見せてくるんじゃ!行け!!」

「あと数秒で着弾します!!、着弾!!!」

carズ②

結果は能力を発揮した儂の配下部将が多く、車頭殿の陣を吹き飛ばした。
彼の部将は加勢専門に特化している為、全ての部将に電光が付与されている。
よって通常よりは能力の付与が少なかったのが原因かもしれない。
それでも秀吉・如水・氏康には真田丸が義久には組撃ちがつき、
能力は上限まで高められている。

「お互いに攻撃で勝ち、防衛で負けか…」

お互いほかに誰も居ない場所で、それぞれの領地になった陣に立ち、
馬上で言葉でない会話を交わす。

「次はまた、百鬼夜行で…」

「そです。そです。^^」

友との瞬きする程度の邂逅を終え、
儂は攻撃と防衛のために前線へと走り出す。

そんな中、ふと気がつくと合戦の報告書が届いていた。

「陥落報告。安芸国 砦5を陥落させました。」

「むう、陥落したか…」

昨日の2回の失敗時のみ攻撃に参加し、
陥落時に参加できなかったのは微妙だが、
それでもまあ儂らしい気がする。良しとしよう。

砦攻略時と一騎打ちの時間が被ったのも、儂と車頭殿の
因果律が紡ぎ出したものだろう。

儂の気分はこの季節の秋風のように、
気持ちよく晴れ晴れとしていた。

その後、再度進行してきた毛利家に砦をさらに落とされたが
浅井家を始め、攻撃側の尽力で徳川家の大殿を陥落させた。
これにより、東軍の勝利は確定した…。

ほとんどの攻防が終了し終戦を迎えたあと、
一人三国友好の評議所へ赴き、
今回の浅井家の活躍、最上家の奮闘に謝辞を述べ、戦場を後にした。

さあ、気持ちを切り替えてこれからの為に、
明日のために。

もう一歩、前へ。


第一回東西戦 終幕。

参加軍 東軍 北条・浅井・最上連合軍 勝利。




*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

後日譚
結局、北条家は砦を一つしか落とせなかった。
が、それが故に、儂の下にも運営から「天下券」を1枚賜った。
結果周囲を見てみると、2日目に防戦に奮闘された方が多く戦功を
多く稼がれていたようだ。
改めて、防衛の大切さを身にしみて感じた…。

前期の天下券を後生大事に2枚とってあったのでこれで3枚。
気分が良いところで引いてみることにしよう。

なにが出たかは内緒(*'▽'*)♪


追伸。
そうそう、皆様できれば今回の合戦で出た攻撃値の最高など
教えてくだされば嬉しく思います。
コメント欄に書いてくださったらいいなあ。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【大戦…(東西戦)】へ  【流星…】へ
 

~ Comment ~

NoTitle 

うひゃ、さすがカーズさん
あの堅陣よく抜くもんだw

せかしてごめんね、懐園さん(休みだったので

天上から何出たんだ!も、もしや新義久
  • #207 足利@じみ☆へん 
  • URL 
  • 2012.09/24 16:30 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle 

【2012-09-21 22:50:00 伊達政宗 1436150】

でりゃ!
  • #208 足利@じみ☆へん 
  • URL 
  • 2012.09/24 20:32 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle 

激戦お疲れ様でした+初コメです

浅井がフリーで動けたのはホント北条家様のお陰です
防衛になると当家も参加率激減して
流れ次第では危うかったと思います
結局美味しい場面を作らないと人が集まらないという
悲しい現実・・・・・・

北条家の皆様本当にありがとうございました

追記
カルーと如水(←前期の名前)は同じです
紛らわしくてすみませんw

NoTitle 

東西戦、いろいろあったようですが予想を覆す結果でもあり
楽しかったんじゃないでしょうか。
懐園さんとこは遠くて行けませんでしたけど・・

もう、何となく来期の身の振り方を考えてしまいますね~

【2012-09-22 14:01:38 織田信長 933464】天騎鉄4
100万って遠いですね>< いつもMaxの気持ちで使ってるんですけどね

【2012-09-22 23:53:40 浅野幸長 723334】 赤4
天1極3ですが意外と赤が強くて安定してましたです^^

NoTitle 

じみへんさんすごいwwww

【2012-09-23 01:04:51 島津義久 1347640】

騎神は安定するけど伸びが重要な火力勝負だと一歩足りないですね(´・ω・`)

変態め! 

儂、こんなもんね…

【2012-09-22 00:15:02 伊達政宗 1144420】

じみ☆へんさん…もうね。

カルーさん 

いろいろ気を使わせてしまい申し訳ありませんでした。
そして、いろいろありがとうございました。

浅井家の皆さまにはホント感謝してます。

オッカナイ敵がまた増えた気がしますが、ぜひ又
ご一緒ください。

天メイトさん 

100万遠いですよね。
でもなんか周りに一杯いてなんだか笑っちゃいますね。
儂もすこしずつ精進します!

しばらく連合でしょうけれど頑張ってくださいね!
もし対戦となりましたら一騎打ち、ちゃんとしましょう!

不幸せな青い亀さん。 

あのね…
安定して130万超とか出されたら周りは
厭になっちゃうよ…
儂も頑張ろう…銅銭無いけど><

NoTitle 

毛利さんの強さと連携、参りました(+д+)

少しは抵抗したくて砦防衛に奮戦していましたが・・・途中で心が折れそうになり国チャで「もうダメかも」と弱音吐いてしまいました。。
そんな時「無血開城するにはまだ早い」と言ってくれた方、「行けます」と陣合流してくれた方、何も言わず乗っていてくれた方・・・皆様のおかげで諦めずに頑張れました。ありがとうございました^^

青亀さんにひっくり返ってもらいたくて爺様の合流に飛び乗りましたが無血で残念でした><we-365
またの機会楽しみにしたいと思いますノ
その時は爺様、合流お願いしますv-354

東西戦お疲れさまでしたノ 

初コメです。

いつも楽しく閲覧させていただいております☆

今回は本当に、砦の攻防を見て一喜一憂しましたね^^;


こんなに緊張した戦いは久しぶりでした・・・
どこにでもお手伝いに行きます!とはいったものの初日ですでにボロボロになってしまい、果たしてお役にたてるのかどうかという状況でした;;

また今回のように手を取り合って戦える機会があれば、と楽しみにしております♪
ワチョ――ヽ(´◉౪◉)ノ――イ♪

100万なんて夢幻のごとく 

まったく100万越えないのよ・・・・
期待値上回った事も、1度しかない。
そんなもん。

ふうさん 

毛利相手、たいへんでしたねえ。
しかし敵としたらおもしtろいし、スリルあって
面白いよね。
是非、あんな国にしたいよね北条も。

雨のち晴れ さん 

東西戦ではお世話になりました。
ご尽力とお口添えのおかげでなんとか
国としての格好がついたと感謝しております。
個人的に、今期 雨さんとお話する機会に
恵まれたことを嬉しく思っております。
今後共ともよろしくおねがいします

よっしー。 

100万超えるって結構大変だよね…
儂も今回の1回だけだったわ。
しかし、次はもう少し期待できる!

といいなあ…
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【大戦…(東西戦)】へ
  • 【流星…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。