スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←回航… →作戦…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【回航…】へ  【作戦…】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

未分類

交流…

 ←回航… →作戦…


「獅子」から普通の「爺」に戻った後、
かねてから気になっていた処からのお誘いがあった。

「ちょっと、遊びにおいでよ^^」

北条家の中でも少数精鋭で名前を売っている、
『HEROS』の盟主、シロフォン殿からであった。

「ふうむ、それも又一興か。」

盟主のシロフォン殿をはじめ、北条家内三席に座る UGA殿、
五位の雪鳴殿、十傑入りを果たしている、えこぉる殿など、
一廉の武将が在籍する同盟だ。

「儂程度では足を引っ張るばかりじゃろうが…」

これも武者修行の一環と草鞋を脱ぐことにした。

「『HEROS』は、確か『四羽鳳凰』と友好関係を結んでいたはずじゃな。」

かつての縁を頼り、現在『四羽鳳凰』で活躍されている、
まっくす殿の城を訪ね、少し話を聞いてみるか…。

「こんにちわ。」

城を訪ねると、旧知の番兵が儂に気がつき、直ぐに
取り次いでくれた。
案内された広間で待っていると、まっくす殿が急ぎ足で
現れた。

「お久しゅうございます。爺様。」

にやりと笑うその顔は、ここ数週間に起こった事を全てお見通し
といった様子だった。

「いや、漸く…」

話し出そうと口を開いた儂に、みなまで言わずとも…という様に
頭を振り、微笑む。

「なんにせよ、良かったですね。
ところで今日はいかが致しました?うちに参られることにしましたか?」

「ははは。それも良いのですが、少し厳しいところに身を置いてみます」

~~~~~~~~
「そういえば…」
「なるほど。で、…」
~~~~~~~~
その後、取り留めも無い話で盛り上がり、大分時間を過ごした。

「いや、大分時間をとらせました。そろそろお暇いたします。
 ふう殿にもよろしくお伝えくだされ。」

「はい。では又。」

玄関先まで送ってもらった時、不意に以前、話していたことを思い出した。
最近は、記憶の錯綜が激しいようだ。

「そういえば以前、儂が獅子皇に居るときに遊びにこられる話がありましたな。」

「そうでした。活動時間が取れるときに伺おうと思ってましたが。」

「機会があればよってください。獅子の皆も喜びます。」

「実は、手配してあるんです。今、私が動きにくいので、
 淳四狼さんに行ってもらいます。」

「淳四狼殿が?それはそれで凄いことじゃが、四羽鳳凰の方は問題ないので?」

「まあ、なんとかなりますよ。^^」

「ですかの…」

少々驚いたが、このような交流も良いだろう。
国のなかで同盟同士の行き来があれば、何かの際には役に立つ。
受け入れる側も、お邪魔する側も。

「では、又、次の機会に。」

そう挨拶をし、城を離れる。

暫く走ると、

「爺様の旅は無駄じゃないですよ。」

馬上でまっくす殿の声が、柔らかな風に乗って
儂の横を通り過ぎていった。

「さあ、織田家との防衛戦。少しはがんばるかの。」

陣を張る指示をしながら新たな仲間のところに挨拶に向った…
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【回航…】へ  【作戦…】へ
 

~ Comment ~

NoTitle 

北条も楽しそうで何より

私も久しぶりに百鬼さんとことか狂都さんとこに遊びに行こうかしら
  • #148 足利@じみ☆へん 
  • URL 
  • 2012.08/29 19:07 
  •  ▲EntryTop 

じみ☆へんさん 

この流れ者生活の発端は、
百鬼に姫香さんという武将が遊びにきてからだそうです。
面白い遊びを教えてくれたものです^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【回航…】へ
  • 【作戦…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。