スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←攻城… →会議…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【攻城…】へ  【会議…】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

未分類

全力と風…

 ←攻城… →会議…


昨日とは打って変わって、
2日目の朝は、
静かに始まった。

「昨日の一斉攻撃が、
 嘘みたい…」

おおよそ、大勢は決していたからかもしれない。
そこで、我々『鷹の雛』の3人は、
昨日出来なかった戦功稼ぎを行う事にした。

初日が終わって、同盟の順位は二桁に位置し、
『鷹の雛』としては、不本意だ。

それぞれ部隊を繰り出し、上杉方の武将に襲い掛かる。

村へ、
砦へ、
そして城へ。

中でも突出していたのがふう殿だ。

儂に倍する活躍で次々に敵を落として行く。

「凄いのう…」

何時もの如く、入ったり出たりが続く儂は、
到底敵わない。

しかし…

「少しは、少しは稼がねば。」

お味噌扱いの同盟員でも、これでも今は『鷹の雛』の一員なんじゃから。

不在の時間はまだ焼いていない、べた付けしている陣に防衛部隊を設置し、
参戦時には、1軍の回復時間中は2軍に兵を動かし、
2軍も時間が必要な場合、速度部隊に活動をさせる。

虎の子の騎馬鉄砲1万2千騎を休みなく動かした。

途中、明らかに在席しているであろう村では、
村を管理している武将との心理戦の様相をみせ、
適度な緊張感を持ちながら戦功を積む。

そうか…この村の武将も『焔』所属か…
やはり気をつけねば恐ろしい事になりそうじゃ。

この方とは、後に書状を交換し相模へ起こしの機会があれば、
儂の所へのぜひお越しくださいとお誘いした。

お誘いしておきながらなんだが、本当にお越しいただく際は、
是非ともお一人で、お願いいたしたい。

上杉家の『焔』の皆さんに囲まれて、生き伸びられると思うほどには
儂は慢心してはいない…


夜になり3人集まれる時間が出来たので、昨日に引き続き、
どこかの盟主を攻略するかと動き出した。

「ここ、どうでしょう?」

まっくす殿が提示した先は、昨日攻略した同盟よりも順位は下だった。

「まあ、試しに威力偵察してみましょうか…」

そういいながら、配下に兵を僅かに持たせ突撃を命じた。

その間、更に皆が寄せる。
偵察部隊が着く前に、その城の戦歴を確認すると、
こちらの部隊が着弾する前に近くの陣から既に攻撃が行われていた。

「しくじった!」

と思い、直ぐに書状で詫びる事にした。

その書状を送った先は、現在1人で活動されながら、
北条内同盟順位で十傑に入っておられる早丸殿だった。

流石目ざとい。

何通か書状を交わしたところ、他にも取り掛かるところらしく、
すんなり譲ってくださった。

「なんと、気持ちのよい事よ…」

早丸殿に感謝を述べ、早速3人で向う。

「剣豪の1、2部隊を先発させましょう。」

「おう、」

「へっぽこでもいい?」

それぞれがいま出せるものを出しながら、攻撃に移る。


「着弾!」

「???」

「戻ってこない…」

2つとも、戻らない。
活動値も0になっている。これは相当な戦力差だ…

「3人とも騎鉄、しかも1軍でぶつかれば、或いは…」

まっくす殿・ふう殿ともに攻撃武将はこの世界有数の方、
其処に、騎鉄の威力が加わればと思ったが、
戦功と、犠牲にする兵力を考えると、
この状況では戦略的撤退を選択するのが上策といえた。


その後、何処か我々3人で行う最後の合流先を探したが、
なかなか、良い処が無く時間ばかり流れていく。

「出城の西、直ぐに健在の城があります。あそこに行きましょう!」

「おう!」

直ぐに返事をし、少し離れていたため儂だけ陣を飛ばす。

「でけた^^」

2人に声をかけ、それぞれ準備をする。

「先ほど剣豪のいいところは吹っ飛んでるから、
 へっぽこ剣豪部隊×1と本体×1で1!」

準備をして部隊の着弾時刻を出す。

「でわ、行きましょう。」

それぞれが部隊を出し、行方を見守る…

「落ちた…」

あっけなく、そして、
これが儂の『鷹の雛』での最後の合流だった…

「儂は、終戦かの…」


ひょんなご縁があり、書状をやり取りさせていただいたふうさん。
ご一緒してから始めて姫武将としってビックリだったが、
明るく、気配りの出来る武将。
同盟では間違いなく雰囲気つくりの中心であったろう事は想像に難しくない。

更に、この世界では有名なぷろいくさーの一人、まっくすさん。
手足のように扱う部将は一般の武将がうらやむような者ばかり。
しかも、それだけでなくすがすがしい漢ぶりだった。

僅か2戦とはいえ、この『鷹の雛』で戦えたことは、今後の
儂の誇りの一つになるだろう。
そして、もし、儂に出来ることがあるのなら、
2人のために出来ることをすることだろう…


終戦後、お二人に感謝を述べ、名残惜しいのを振り切り、館へ馬を進ませる。

すっかり静かになった夜空には、
隅々まで一杯(まっくす)に拡がった星たちが、風(ふう)を受け、
より一層輝き続けていた…

上杉家 越後攻略戦(雛の巣立ち)2日目 終了



*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*―

第5回 上杉家 越後の国の合戦

参加同盟「鷹の雛」 順位6位

個人戦功 22位 ><。スミマセン

現在の上位順位取得 

一戦撃破 北条家内3位(道順位にまっくす殿・ふう殿)



スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【攻城…】へ  【会議…】へ
 

~ Comment ~

お疲れ様でしたm(_ _)m 

爺様、楽しい時間をありがとでした♪
またご一緒出来る日を楽しみにしてます^^

ふうどの^^ 

こちらこそありがとうございました。
中々得がたい体験をさせていただいたと
思っております。
ぜひ、又、どこかでご一緒できたら嬉しく思います。
いや、ほんとに。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【攻城…】へ
  • 【会議…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。