更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 09

【  2012年08月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.--

 全文を読む

▲PageTop

怒涛…

未分類

2012.08.31

 襲織田家との防衛戦で、北条家が勝つための戦術のうち、【作戦其ノ三】が動き始めていた。そう、眠りから覚めた獅子のようにゆっくりと…「各同盟の皆様、準備はいかが。」今回の指揮をとる、淳四狼殿の声が飛ぶ。「うちは、問題なし。行けます」「当方も準備済み。」「号令待ちです。」「さあ、やりますか!」作戦は南東①を砦中心に東西南北に分かれ各同盟で攻撃、陥落を図るというもの。目標は織田家筆頭同盟の『不撓不屈』。相手...全文を読む

▲PageTop

作戦…

未分類

2012.08.30

 悔惜しかったのぅ…織田家との防衛戦、我等、北条家は何時もとは違う防衛戦で勝つ工夫を巡らせていた…刻は数日前、盟主会に遡る。参加率は相変わらず高く、上位の殆どの同盟が集まってきていた。儂も、現在在籍している『HEROES』では当然無役ながら、個人盟主の資格で参加していた。「シロフォン殿、ぬーさん殿は?」普段、ここで顔を会わせば会話等していた、北条の2大同盟の一つ、『戦国魂』の盟主の顔が見当たらない。「ああ、...全文を読む

▲PageTop

交流…

未分類

2012.08.27

 交「獅子」から普通の「爺」に戻った後、かねてから気になっていた処からのお誘いがあった。「ちょっと、遊びにおいでよ^^」北条家の中でも少数精鋭で名前を売っている、『HEROS』の盟主、シロフォン殿からであった。「ふうむ、それも又一興か。」盟主のシロフォン殿をはじめ、北条家内三席に座る UGA殿、五位の雪鳴殿、十傑入りを果たしている、えこぉる殿など、一廉の武将が在籍する同盟だ。「儂程度では足を引っ張る...全文を読む

▲PageTop

回航…

未分類

2012.08.25

 廻「さて、どうするか…」先の足利家との戦で頂戴した一撃(正確には3発)で、失われた記憶を取り戻し、この先の未来の為に、修行のためにと、相模獅子皇会から独立した。独立に際し、盟主のホリック殿から孫さんからも「爺様の良いように」という言葉と、「いつでも、又、獅子皇に。」という2つの言葉を頂戴した。「ありがたい…」正直な気持ちだ。それぞれの方との思いを考えれば、後ろ髪を多いに引かれる思いだが、それでも、鬼...全文を読む

▲PageTop

次席…

未分類

2012.08.24

 快「すばらしい結果じゃのぅ…」織田家と連合で、徳川家に攻め込む事になった今回、流石に負けは無いだろうと思っていた。後はいかに働き場所を得られるか。全ては、そこにかかっていた…。初日から、殆どの時間を現世での作業に忙殺され参戦時間が割けない。「いかん、このままでは申し訳がたたない…」開始直後に少しだけ働けたが、それがなければ居ないも同然の戦功だった。しかし、獅子の皆は違った。盟主のホリック殿や補佐の孫...全文を読む

▲PageTop

記憶…

未分類

2012.08.19

 醒じみ☆へん殿との一騎打ちの後、百鬼揚羽のよっしー殿と殴り合いが待っていた。「鉄砲は1部隊分減ったが、なるようになるじゃろ。」よっしー殿と殴りあうのは当然初めて。しかし、かの人の部隊も新天を含む天4部隊。こちらの部隊は先ほどの部隊で鉄砲がなくなった分を長槍兵で賄う。運営からの補填分だ。「もともと武士は研究しておらんしの…」活動時間が短い儂は、一撃に賭けるしかない。そのため、研究も騎馬鉄砲を一番初めに...全文を読む

▲PageTop

決闘…

未分類

2012.08.18

 騰前日の続きとばかりに、朝から北西①に合流を撃ちこむ。しかし、開戦直後ということも有り、10合流までには届かない。それでも5、6の合流を打ち込み陥落させたり、上手い具合に守られたりを繰り返す。「戦は上手なのに、なぜあんな煽りを…」彼らの為にも残念な気持ちになったが、四羽鳳凰からも合流を受け、獅子皇からも攻撃を受け続けて居ることを考えれば作戦としては成功なのだろう。しかし、陣での煽りは相手のある事。受...全文を読む

▲PageTop

疑問…

未分類

2012.08.17

 疑織田、足利による相模の国への進攻作戦が始まり、我らはそれぞれ迎撃体制を引き迎え撃った。少ないながら、儂もいくつかの出城を陥落させ、余戦功より獲得戦功を多くし、明日の為の準備も行う。足利同盟のじみ☆へん殿との一騎打ち、更に百鬼揚羽のよっしー殿との殴り合い…普通ならば攻撃など受け止めたくないような武将達だ。しかし、二人ともがかつての儂に深く係わっていることだけは確か。思いと共にきつい一撃を全力で受け止...全文を読む

▲PageTop

果し状…

未分類

2012.08.15

 破又連合からの攻撃を受けることになった。「きびしいのう…」思わず、つぶやく。それはそうだろう。相模に攻めてくるのは、織田、足利の連合軍なのだから。織田家には全国有数の同盟『不撓不屈』がいる。一緒に攻めてくる足利とは今まで戦ったことは無い。そのため、どんな攻めをするのか、どんな敵がいるのかを配下の部将に調査に向かわせた。「ただいま戻りましてございます。」その能力を極めた忍兼部将の半蔵が報告書を持って...全文を読む

▲PageTop

競戦…

未分類

2012.08.12

 競大友家と連合での対最上戦、2日目には既に簡単に勝てる先は無くなっていた。あるのは、堅く守りの扉を閉ざした堅城や、空き巣を狙った罠が仕掛けられた村、砦のみ。それでも、幾ばくかの戦功を稼ぐため、皆が活動していた。中でも、舜天殿の活躍は、目を見張るものであった。一時期、北条家内の戦功筆頭となっていた。「儂も、少しは働かんとな…」多少の犠牲を払ってもと部隊を特攻させるが、思う様に稼げない。同盟の皆もさまよ...全文を読む

▲PageTop

夏季…

未分類

2012.08.12

 暑暑さを避け、暫く山に籠もってきた。下界の喧騒を余所に自分の今まで、これからの事について、考えてみた。しかし、中々思考がまとまらない。「先ずは、目の前の戦をしっかり戦おうか…」今は成る様にしかならないと思いを決め、数日間の遅れを取り戻すべく練兵に勤しむ。「資源が溢れてしまったか…」数日間、畑仕事を休むと、すっかり資源があふれる様に成ってしまったのは、ありがたくもあり、戦に縛られることにもなりどうかと...全文を読む

▲PageTop

瞑想…

未分類

2012.08.06

 迷「遠い、遠いよ…」うなされて目を醒ます。先日、届いた書状を見てからなんどか考えてみた。相模から中国地方までの移動。「遠いわ…」散々考えてみたが、今となっては、管理地の問題も含め厳しい。なぜ、ここまで胸騒ぎがするのかはわからないがその思いを一先ず、封じ込め、今戦から暫く、相模獅子皇会の末席を汚す事とした。以前から誘って頂いていた、盟主のほりっくさん、補佐の孫五九さんとご一緒してみようと…。「お邪魔い...全文を読む

▲PageTop

会議…

未分類

2012.08.05

 邂過日、北条内同盟の盟主会が開催された。一人盟主?のこの儂も、参加を許され、こそばゆいながらも出席した。「少し早かったか…」辺りを見回し、まだ誰もいないかと思ったが、気配を感じて振り返る。「こんばんわ。三人衆同盟は解散ですか?」こう声をかけて下さったのは、現在 北条二大同盟と呼ばれている 一方の雄、『戦国魂』の盟主 ぬーさんだった。少しの間、会話をかわし談笑する。大分、同盟の御仲間共々、健闘されている...全文を読む

▲PageTop

全力と風…

未分類

2012.08.02

 焔昨日とは打って変わって、2日目の朝は、静かに始まった。「昨日の一斉攻撃が、 嘘みたい…」おおよそ、大勢は決していたからかもしれない。そこで、我々『鷹の雛』の3人は、昨日出来なかった戦功稼ぎを行う事にした。初日が終わって、同盟の順位は二桁に位置し、『鷹の雛』としては、不本意だ。それぞれ部隊を繰り出し、上杉方の武将に襲い掛かる。村へ、砦へ、そして城へ。中でも突出していたのがふう殿だ。儂に倍する活躍で...全文を読む

▲PageTop

前月     2012年08月       翌月

Menu

プロフィール

懐園

Author:懐園
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。